扇子の知識

扇子は高級なものを選んでセンス良く

扇子は夏の暑さをしのぐものとして日本で昔から愛されているものですが、広げると美しいデザインや模様が出てくるので、アート感も楽しめていいでしょう。また、選ぶ柄を高級感のあるものにすれば持っている人のセンスの良さも伺うことができるので最適です。
質の良い着物を着た時は質の良い扇子を持つことで小物にも粋な感じを印象づけることができて良いです。
また、和装でなくても祖洋服の時でも気軽に使うことができます。扇子はうちわと違って小さくたたむことができるので、コンパクトにして鞄の中にしまうことができます。通勤時は財布やハンカチもブランド物や高級なものを選ぶ人も多いですが、扇子も高級なものを選ぶことでセンスの良さを感じさせることができるでしょう。
上品なものは美しく、美意識が高い女性にも最適です。女性らしさだけでなく大人なイメージも抱かせてくれますから、かわいさよりも大人っぽさや品の良いイメージを大事にしたい人にはいいでしょう。

高級な扇子はどんなものか

今や100円でも購入することができる扇子ですが、高級な物も存在します。
高級な扇子はどんなものかというと、日常的に使うものは勿論、日本舞踊に使われたり、飾っておくための飾り扇子などです。
扇子はもともと扇ぐという実用的な利用法だけでなく貼られている和紙に歌を書いて人に渡したりと貴族にとって必需品でした。
次第に贈答用としても使われたり、歌舞伎などで使用することで一般に普及するとともに彩色や絵柄が華やかなものになっていきました。
現在でも扇ぐために使っている方がほとんどですが、高級といわれるものは、現在も昔ながらの作り方で職人が作っているものが多く、美しさ、手触り、重さ、開き具合など細かく作りこまれているものばかりです。
種類も数多くあり、紙や生地、絹が貼られていたり、お茶席用、舞い用、飾り用などがあります。
贈答用のものには名前を入れてくれるサービスがある店も多いので印象的なプレゼントになること間違いなしです。

check

最終更新日:2017/4/28