扇子の知識

扇子の種類と伝統的な技法

和のイメージが存分に発揮される扇子は、豊富な種類が魅力の一つになっています。広げる度に見ることができる世界観が大きな特徴につながるため、コレクションとして集めるような方向も実際のところは出ていくのです。また扇子ならではの特色をきちんと見ておけば、自分自身にフィットするアイテムを手にすることにも結び付いていきます。種類別に見ていくことがこういった内容を現実のものにしていくので、まずは見方のコツというものを知る部分が大切となります。
その一方で暑い夏の格好のアイテムにも扇子は該当していくため、適した年齢に達したというならばひとつは持っておくことが鉄則です。日本に生まれたということから、伝統的な手法をしっかりと見て、そのよさを世界へ積極的に発信していく方向性も重要となるわけです。
以上の事柄より扇子には、日本人が育んできた英知がいっぱい詰まっているという部分が見えてきます。お気に入りのアイテムを手元に用意しておくことが大事です。

目的により違いがある扇子の種類

扇子には種類がさまざまあり用途により使い分けられています。一般的には夏に携帯するおしゃれな小物として使われていますが結婚式や結納などの儀式の時に使われる扇子もあり男性用と女性用では違いがあります。
インテリアとして使われる飾り扇は海外へのおみやげとしても人気があります。日本舞踊や能にも使われています。能は流派や役柄で扇子の柄に決まりがあります。茶道用の茶扇は小さめで女性用は5寸、男性用は6寸が使われています。客入りの時や床の間拝見の時などに使われ茶道では大切な役割があります。用途によりさまざまな種類がある扇子は日本で八世紀に発明されました。
最初は木簡という細い木を束ねたもので平安時代には貴族が和歌や儀式を書き入れるために使用していました。中国から両面に紙を貼った扇が逆輸入されました。日本では末広がりのおめでたいものとして結納、結婚式、お宮参りなどの大切な儀式の時に使われ現在も受け継がれています。

recommend

Last update:2016/6/28